寄居 北條まつり

寄居町北條まつり

不用品回収の最中、おまつりの行列に遭遇いたしました。

 

以下、寄居町観光協会ホームページからの抜粋です。http://yorii-kanko.jp/hojo.html

 

寄居町の1590年に起きた戦いを再現するまつり。玉淀河原での鎧武者に扮した総勢500人の出陣式に始まり、市街地パレードが行われる。
荒川をはさんで繰り広げられる玉淀河原での攻防戦では、大砲の砲声が響き渡る。

北條まつりとは

1590年(天正18年)豊臣秀吉の小田原攻めの時、鉢形城に陣取った郷土の武将北条氏邦は、5万人の豊臣勢を相手に、わずか3500人の兵力で1ヶ月余り攻防戦を続けました。この時の戦いを再現したものが「寄居北條祭り」です。祭りの当日は、大勢の武者隊たちが登場。市街地をパレードした後、北条・豊臣の両軍に分かれて、荒川を挟んで攻防戦を行います。その様子は、戦国時代の合戦さながらの迫力です。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら